西武・平井 日ハム打線に打ち込まれ5回1/3を6安打5失点で降板

2021年05月23日 16時16分

失点を重ねて悔しがる平井

 西武・平井克典投手(29)が23日の日本ハム戦(メットライフ)で5回1/3を6安打5失点と打ち込まれ降板した。

 3回、下位打線の石井、鶴岡の連打と死球で無死満塁のピンチ。一死から平沼のボテボテの投ゴロの間に先制点を失うと、続く3番・西川の右翼線二塁打でさらに2者が生還。3点のビハインドとなった。

 6回にも一死二、三塁から浅間の2点右前打で失点を重ねた平井はここで降板。辻監督は2番手・佐野をコールした。

 平井=「今日は何もないです…。自分の投球をすることができませんでした。このような結果になってしまい、チームに申し訳ない気持ちでいっぱいです」

関連タグ: