巨人・丸が〝6番降格〟に奮起? 9試合ぶりの4号ソロを左翼席中段へ

2021年05月22日 14時58分

この日6番に入った巨人・丸が先制の4号アーチを放った

 巨人・丸佳浩外野手(32)が22日の中日戦(バンテリン)で、2回に先制の4号ソロを叩き込んだ。

 場内のざわめきが大きくなるなか、左翼方向へ打ち上げた打球はグングンと伸び、そのままフェンスを越えて中段に飛び込んだ。ダイヤモンドを一周し、ベンチ前では9日のヤクルト戦(東京ドーム)以来となる、おなじみの「丸ポーズ」を決め、ナインと喜びを分かち合った。

 この日は「6番・中堅」で出場。3番で出場した前日21日は4打数無安打に倒れ、9試合ぶりに打順を下げられての出場だった。

 均衡を破る一発に「イニングの先頭だったので塁に出ることを考えていましたが、最高の結果になって良かったです」と胸をなで下ろした丸。このまま上昇気流に乗っていけるか。

関連タグ: