中日11残塁1得点… 痛恨ドローに与田監督「いつも思い通りになるわけでもない」

2021年05月22日 00時23分

つながらない打線に与田監督の表情も晴れない

 中日が21日の巨人戦(バンテリン)で勝ち切れず1ー1と痛恨の引き分け。またも好機で打線に〝あと1本〟が出ず、今季7度目のドローとなった。

 復帰登板した大野雄が7回3安打1失点と好投。しかし、打線は8安打ながら1得点しか挙げられず、エース左腕に今季3勝目をプレゼントすることはできなかった。

 0ー1の7回一死から大野雄の代打で根尾が二塁打を放ち、続く大島の適時三塁打で同点とするのが精一杯。その後、一死三塁の好機も京田、福田がいずれも空振り三振に倒れ、絶好の勝ち越しのチャンスをフイにした。

 他にも初回二死二塁、4回二死一、二塁、5回二死満塁、9回も二死満塁のサヨナラ機をつくりながら〝あと1本〟が出なかった。

 ことごとく好機を潰して11残塁だった打線について与田監督は「それはもうしょうがないですよ。いつも思い通りになるわけでもないし。それができないことで、またチャンスでどうやって打点を挙げるか。そこにみんなで意識を持ってやるしかない」と弁明した。

関連タグ: