DeNA・三浦監督 4回で2人投入の継投策で逆転許さず ロメロは来日初勝利ならず

2021年05月21日 20時00分

DeNA・三浦監督
DeNA・三浦監督

 早めの継投策だった。DeNA・三浦大輔監督(47)は21日ヤクルト戦(神宮)の4回途中、先発フェルナンド・ロメロ投手(26)の交代を決断した。

 来日初勝利を狙ったロメロは制球に苦しみながらも3回無失点に抑える粘投。しかし、3点リードで迎えた4回、先頭の青木に遊撃・大和のエラーで出塁を許すとサンタナ、代打・松本に適時二塁打を許し2点を献上した。

 さらに単打と四球で一死満塁のピンチを作り3番・山田哲を迎えた場面で2番手・三上にマウンドを譲った。

 右投手の三上がわずか3球で右打者の山田哲を遊飛に抑えると、続く左打者の村上には左の砂田を投入。砂田は外角への直球で村上を三振に斬って取り、見事左殺しの期待に応えなんとかリードを守った。

関連タグ:
 

ピックアップ