巨人ベンチが悲鳴のち大爆笑! ファウルボールを打ち込んだ畠はペコリ

2021年05月21日 19時35分

想定外のファウルボールに慌てふためく巨人ベンチ

 巨人・畠世周投手(26)が21日の中日戦(バンテリン)で先発し、6回まで無失点投球を続けている。

 スコアボードに「0」を刻み続ける一方で、打席では思わぬハプニングも…。1点を先制し、なおも二死一、二塁で迎えた5回の2打席目。中日先発・大野雄の3球目をバットに当てると、打球がライナーで向かった先は三塁側の自軍ベンチ内だった。

 ベンチで控えていたナインからは「うぉーっ!」と一斉に悲鳴が上がったが、幸いにも直撃を免れてひと安心。もちろん、故意などないが、畠は打席からベンチに向かってペコリと頭を下げ、ベンチ内は大きな笑いに包まれた。

 その後、粘りを見せた畠は計8球を投じさせ、最後は見逃し三振に倒れた。

関連タグ: