広島・長野、鈴木誠也ら5選手コロナ陽性で活動停止危機 21日からの阪神3連戦は不透明な状況

2021年05月20日 23時48分

コロナ陽性と診断された広島・長野(左)と鈴木誠也

 赤ヘルがチーム活動一時停止の危機に陥った。

 広島は20日深夜、同日に行ったPCR検査において、朝山東洋打撃コーチ(44)、石原貴規(23)、羽月隆太郎(21)、鈴木誠也(26)、長野久義(36)、大盛穂(25)の選手5人、チームスタッフ1人の合計7人が新型コロナウイルス陽性判定を受けたことを発表した。

 球団発表後、鈴木清明本部長は、報道陣の代表取材に対し「今後のことは決まり次第、発表する」とし「今日(20日、検査を)受けたメンバーは前回、陽性判定だった3選手以外が受けた」と、さる17日にすでに陽性判定を受け、すでに自宅療養中の菊池涼介(31)、小園海斗(20)、正随優弥(25)の3選手以外の監督・コーチ、選手、スタッフ合計146人に対して行ったものであることも、併せて発表した。

 新たに陽性判定を受けた7人は、20日23時現在では全員が無症状。今後については、保健所の指示に従い療養に努める予定で、濃厚接触者については、管轄の保健所と連携しながら、特定を行っていくという。

 チームは21日から本拠地・マツダスタジアムで阪神3連戦を予定しているが「管轄保健所と一般社団法人日本野球機構(NPB)と連携し、今後の対応に当たってまいりますので、明日からの試合については決まり次第、お知らせいたします」とリリースし、20日23時の時点で、試合開催についても不透明な状況になった。

 チームは17日に陽性判定が出た菊池ら3人が、新型コロナウイルス陽性と判定されていた。今回の検査結果により、チームは選手8人、コーチ・スタッフ2人の合計10人が新型コロナウイルスに〝集団感染〟となる事態に。赤ヘル軍団に激震が続いている。

関連タグ: