巨人・原監督「そういうところでしょうな」代役・吉川の守備に首脳陣が“喝”

2021年05月16日 18時49分

3回の守備で悪送球し、肩を落とす巨人・吉川(右)

 代役のミスに、首脳陣も〝喝〟だ。巨人の原辰徳監督(62)が5―6で敗れた阪神戦(東京ドーム)終了後、この日「7番・遊撃」で先発出場した吉川の守備に苦言を呈した。

 右手親指の骨折で離脱中の坂本に代わり、遊撃のレギュラーを任されている吉川。この日は3回二死一塁の場面で、マルテの打球を一塁に悪送球する適時失策。4回にも中野の打球処理が遅れて内野安打を献上するなど、守備の粗さが目立った。

 これには指揮官も「もうちょっと攻撃性が欲しいね。攻撃性がないといい守備はできないよね。(4回の)送球だって、ワンバウンドで投げようとしているのか、投げまいとしているのか、というのがなかなか見えづらい。そういうところでしょうな」とバッサリ。

 元木ヘッドコーチも「急きょ二塁から遊撃を守っているけど、(遊撃を)守ったことのない選手じゃないんでね。あの辺はこなしてもらわないと困るかなと思って。『代わりはいっぱいいるからね』っていうことも、選手の気持ちの中でやってもらわないと困るよ」と厳しい言葉を突きつけた。

 現状のチーム内では、遊撃を守れる若林や広岡、増田大が吉川同様「代役」候補。この日の失態をバネに吉川が成長を見せるのか、他の選手がその座を奪い取るのか…。争いは激化しそうだ。

関連タグ: