巨人・原監督 「最善の策」3番・丸に代打・中島の勝負手実らず 首位決戦初戦は逆転負け

2021年05月14日 21時50分

巨人・丸(左)の代打・中島は右飛に倒れた。右は原監督

〝勝負手〟は実らなかった。巨人は14日の阪神戦(東京ドーム)で1―2で1点を追う8回、虎の2番手・岩崎に対し一死一塁とすると、原監督は迎える左打者「3番・丸」に右打者・中島を代打で送った。

 丸はこの日、2打数無安打2三振、1四球だったとはいえ、代打を告げられるのは移籍後初。場内がざわつく中、中島が右飛に倒れると、4番・岡本和も三ゴロと得点できず。9回には守護神・スアレスから先頭のスモークが左前打で出塁するも後が続かず、結局1―2で敗れた。

 丸への代打について原監督は「まあ、最善の策というところですね」と多くを語らず。元木ヘッドコーチは「ベンチの判断で代えました。(丸は)タイミング全然合ってなかったし…。1個四球選んだけど、今までの丸とは大違いだからね。本来の丸の姿ではない」と振り返った。

 3連戦の初戦を落とし首位・阪神とのゲーム差は4・5と広がった。指揮官は「まあ、明日いきます」と2000試合目の「伝統の一戦」に向け切り替えた。

関連タグ: