楽天・涌井が3回5失点で今季最短降板 2500投球回はおあずけ

2021年05月14日 19時36分

楽天・涌井
楽天・涌井

 楽天・涌井秀章投手(34)が14日のオリックス戦(ほっともっと)に先発登板。3回6安打5失点(自責点4)で今季最短降板した。

 立ち上がり、涌井は福田、宗の1、2番に連続二塁打を許し先制点を与えた。さらに杉本の中前適時打、安達の遊ゴロを小深田が送球エラーし初回に3点を失った。

 続く2回も安定しない涌井は二死を取りながら福田、宗、吉田正に3連続長短打を畳みかけられ2失点。結局、3回を投げ終えたところで楽天ベンチは涌井をあきらめ、2番手・西口をマウンドに送った。

 あと3回2/3まで迫った2500投球回はお預けとなった。

関連タグ:

ピックアップ