広島・佐々岡監督「0というのはさびしいね…」 今季6度目の完封負けで5位転落 

2021年05月09日 18時27分

「貧打」を嘆いた広島・佐々岡監督(右)

 広島が9日の中日戦(バンテリンドーム)に0―2で完封負け。一日で5位に転落した。

 前日、連敗を「6」でストップ。ここから反撃開始といきたかったカープだが、中日先発・柳の前に凡打と三振の山。3回二死から玉村、菊池涼の連打などで満塁の好機をつくるも、3番・安部が空振り三振。8回で降板した柳に11三振を献上した。

 9回は中日の守護神・マルティネスを攻めて一死一、二塁としたものの鈴木誠、西川が凡退してジ・エンド。「このところ、ずっと点がね。昨日は4点取りましたけど。向こうの投手に丁寧に低めを投げられていたけど、0というのはさびしいね。投手が頑張っているだけにね」。先発・玉村はビシエドに2ランを浴びたものの、5回2失点とまずまずの内容だっただけに、佐々岡監督も火のつかない打線に嘆き節だ。

 今季6度目の完封負けで首位・阪神とのゲーム差は「9・5」まで広がった。一刻も早く打線が目覚めなければ、V奪回は夢物語に終わってしまいそうだ。

関連タグ: