エースに緊急事態 巨人・菅野が4回無失点でマウンド降りる

2021年05月07日 19時34分

4回でマウンドを降りた巨人・菅野

 エースにアクシデントか。巨人の菅野智之投手(31)が7日のヤクルト戦(東京ドーム)に先発するも、4回2安打無失点で降板となった。

 今季初対戦のヤクルトを相手に、初回を三者凡退と好スタートを切った右腕。その後も冷静な投球でスコアボードに「0」を連ねたが、5回の攻撃で前の打順である大城が打席に入ってもベンチから出てこず、無表情で座ったまま…。結局、自身の打順で「代打・ウレーニャ」がコールされると、そのままベンチ裏へと下がった。

 ベンチ内ではどこかを痛がるそぶりなどは見せず、終始腕を組んだ状態で口を真一文字に結び、グラウンドを凝視。現時点で原因は不明だが、何かしらのアクシデントが発生したと思われる。

関連タグ: