原巨人がナイター翌日のデーゲームで時短練習 チームの疲労を考慮

2021年05月04日 13時06分

巨人の原辰徳監督

 ナイター翌日のデーゲームとなった4日の広島戦(マツダ)を前に巨人が「時短練習」を行った。

 11時45分過ぎから巨人の練習開始となったが、全体アップをなくし各自アップにすると、野手はフリー打撃を行う選手数を絞った。炭谷、梶谷らが打撃練習を行い、12時35分には打撃練習が終了。通常より30分早くダッグアウトに引き上げた。

 投手陣も12時40分には全員が引き上げ、グラウンド上は無人となった。これまでも原監督は全体練習を行わない日を作るなど、シーズン中の体調管理に注力。今後も臨機応変にシーズンを乗り切っていく。

関連タグ: