逆転負けの鷹・工藤監督が悔やんだ7回の継投「これは僕の責任」

2021年05月03日 22時32分

島内に痛い2点適時二塁打を浴びた2番手・嘉弥真

 ソフトバンクが3日の楽天戦(ペイペイ)に4―7で逆転負け。貯金2となりゲーム差を2に広げられた。

 工藤監督が悔しさをにじませた。先発の二保は今季初登板。6回までを4失点(自責点3)に抑えて試合はつくっていた。球数も少なく1点を追いかける7回のマウンドにも上げたが、先頭の下妻に四球を与えてしまい、一死二塁からは2番手・嘉弥真を投入した。

 しかし、嘉弥真が二死一、二塁から4番・島内に痛い2点適時二塁打を浴びてリードを広げられた。

 指揮官は「(二保は)このあと5連戦が続くので次の登板も今のところは予定がない。そういうのも含めて最初のピッチングで何とか勝ち星が付くようにという思いもあったんですけど、チームが負けてもいけないので。あそこはなんとかゼロに抑えることで絶対に次の回と思っていた。裏目に出てしまいました。これは僕の責任です」と重い口調で振り返った。

関連タグ: