巨人・ウィーラーが4号勝ち越しソロ!「くるりんぱ!」も強引に〝成功〟

2021年05月03日 20時42分

ベンチで出迎えたナインからの祝福にウィーラーは「フォー!」

 巨人のゼラス・ウィーラー内野手(34)が3日の広島戦(マツダ)で、勝ち越しとなる4号ソロをかっ飛ばした。

 快進撃はどこまで続くのか。カープ先発の森下の前に2打席凡退で迎えた7回の3打席目に、またもやウィーラーのバットが快音を響かせた。初球の146キロ直球を振り抜き、バックスクリーン右まで運んだ。チームは3―2とリードを奪い、ウィーラー自身はこれで実に12試合連続安打だ。

 打球がスタンドに飛び込んだことを確認した絶好調男のテンションは、ダイヤモンドを一周をしているうちにますます上昇。まずは一塁ベースを蹴って右拳を突き上げると、ベンチで出迎えたナインからの祝福には「フォー!」と絶叫だ。

 さらに、ヘルメットを頭上でクルクルと回転させてかぶり直す「くるりんぱ!」をテレビカメラに向かって披露したが、テンションが上がり過ぎたのか失敗…。ただ、そんなことはお構いなしに、やや強引に「ぱっ!!」と叫びながらヘルメットをかぶり、満面の笑みを浮かべた。

 新型コロナの陽性判定を受けたウィーラーは、一時は入院生活などを余儀なくされたが、復帰後も開幕当初の好調を維持。この男に〝コロナショック〟など無縁のようだ。

関連タグ: