中日・大野雄が今季2勝目に意欲 先発陣が好調で「負けじと頑張りたい」

2021年05月03日 16時52分

大野雄大

 中日・大野雄大投手(32)が好調な先発陣から刺激を受けている。

 4日のDeNA戦(バンテリン)で先発マウンドに上がるが、前回4月27日の阪神戦(バンテリン)では8回2安打1失点の好投を見せて今季5戦目にしてついに今季初白星をマークした。

 チームは前々回の阪神3連戦(バンテリン)、前回の巨人2連戦(東京ドーム)での計5戦で4勝1敗と、いずれも先発投手が勝ち星をゲット。それだけに「先発ピッチャーがみんないいので、負けじと頑張りたい」と張り切っている。

 しかし、大野雄は対DeNAとなると今季2戦で1敗、防御率3・21。4月6日には神里から満塁本塁打を浴びるなど6回8安打5失点と打ち込まれただけに、今回はDeNAにきっちり雪辱を果たしたいところだ。

関連タグ: