阪神・ガンケル粘って無傷5連勝! 隠しきれない「いい人感」で人気も急上昇 

2021年05月02日 19時45分

粘りの投球で白星をもぎ取った阪神・ガンケル

 阪神のジョー・ガンケル投手(29)が2日の広島戦(甲子園)に先発登板し5回を7安打3失点。味方打線の援護にも恵まれ、セ・トップタイの5勝目をマークした。

 全てのイニングで先頭打者を出塁させる苦しい内容だった。身上の制球も精彩を欠き4四球。不本意な投球内容ながら、それでもゲームを壊さぬ粘り強い投球。確かな地力の強さが、徳俵での踏ん張りにつながった。

 5回に佐藤輝が逆転8号満塁弾を放ち、白星が転がり込んだ。「調子も良くなかったと思うし、相手を抑えることに苦労したところも多かったけれど、チームメートがよく守ってくれたし、逆転もしてくれたから本当に感謝しているね。感謝してもしきれないし、このままチームが勝ち切れるように一生懸命応援するよ」。試合中に出したコメントにも誠実な人柄がにじむ。

 身長196センチ。温和で思慮深い“虎のノッポさん”は、虎党たちの大注目の存在となっている。

関連タグ: