去年わずか5敗の〝お得意様〟オリにもう5敗…工藤監督が警戒強めるワケ

2021年05月02日 18時03分

敗戦の工藤監督はベンチで頭を下げた

 王者が意地を見せたが、結果は3カード連続の負け越しとなった。ソフトバンクは2日のオリックス戦(京セラドーム)に4―5の惜敗。7回から2点ずつ返して、1点差で迎えた9回は得点圏に走者を進めたが、あと一歩及ばなかった。

 最終回の攻撃。先頭・真砂が中前打で出塁し、続く松田が送りバントを決めるとベンチの盛り上がりは最高潮に達した。後続に一本が出ず終戦となったが「ああいう諦めない姿勢が大事」と工藤監督もチーム一丸のムードに目を細め、前を向いた。

 結果的にオリックスの一発攻勢に屈した。先発の松本裕樹投手(25)が6回10安打5失点。すべての失点につながった3被弾が痛かった。5回は宗にフォークを打たれ先制の2ランを献上。6回はモヤに再びフォークを捉えられ2ラン、さらに伏見にはスライダーをスタンドに運ばれた。降板後、右腕は「打たれてしまったのは全部失投。大事な場面での集中力、慎重さが足りなかった。申し訳ない」と絞り出すのがやっとだった。前回25日のロッテ戦(ZOZO)でも2被弾。工藤監督は「体力的な問題というよりもフォーム的な問題とみている」と2試合連続で痛打された原因を追求し「すぐに修正は難しいが、頑張ってほしい」と改善を促した。

 これで昨季17勝5敗2分けと圧倒したオリックスとの今季戦績は、すでに昨季の黒星と同数の4勝5敗。戦前、工藤監督は今季のオリックスについて「打線が好調というか、しっかり打球方向を決めて打席に入ってきている。長打を打てる打者も結構いる。勢いづいたら今年のオリックスは打ってくるので、気をつけないといけない」と警戒感を強めていた。シーズン序盤ながら、首位楽天から5位オリックスまで3・5ゲーム差。指揮官の曇る表情からも、お得意様の変貌ぶりは不気味だ。

関連タグ: