オリックス・宗が鷹粉砕の先制弾 カード勝ち越しの立役者に

2021年05月02日 17時19分

指で1勝を表す山崎福也(左)と2号弾を表す宗佑磨

 オリックスの宗佑磨外野手(24)がまた〝鷹粉砕弾〟を放った。2日のソフトバンク戦(京セラ)の5回、一死一塁から松本の初球フォークをとらえ、右翼席に先制の2号2ランを叩き込んだ。「しっかりとつないでいく意識を持って打席に入った。積極的に振りにいった。その意識が最高の結果になってくれてよかった」。

 これが口火となって6回にはモヤの3号2ラン、伏見の1号ソロが飛び出し、オリックスが一発攻勢で5―4とソフトバンクの追撃を退けた。宗は4月30日の初戦で逆転サヨナラ打を放つなど今カード勝ち越しの立役者となった。

関連タグ: