虎の4番・佐藤輝が「悪球打ち」8号満塁弾!サンズの助言ピタリ

2021年05月02日 16時52分

外角低めの悪球を捉え満塁弾を放った佐藤輝

 阪神・佐藤輝明内野手(22)が2日の広島戦(甲子園)に「4番・三塁」として先発出場。5回の第3打席に8号満塁本塁打を放った。

 ここまで全試合に4番として出場してきた大山悠輔内野手がベンチスタート(休養とみられる)。矢野監督が代役の4番としてチョイスしたのは、あの規格外ルーキーだった。

 初回一死一、二塁の第1打席では空振り三振。3回一死一塁の第2打席では二ゴロ。たとえ佐藤輝とはいえ、虎の4番は荷が重すぎた、時期尚早だったのか、と思った虎党も多かったかもしれない。だが、それは単なる杞憂であったことを背番号8は次打席で証明する。

 1―3と2点ビハインドで迎えた無死満塁の大チャンス。カウント2―2まで追い込んだ相手投手の野村が5球目に選んだのは外角低めギリギリに沈む変化球。見送れば高い確率でボールと判定されるコースだ。

 だが、佐藤輝はそんな悪球に体勢を崩されながらフルスイング。高々と舞い上がった打球は、上空に吹き荒れる強烈な浜風を強引に切り裂き右翼席へ着弾した。

「打ったのはチェンジアップ。前の打席で打ち取られた後に、ジェリー(サンズ)がアドバイスをしてくれて、そのアドバイスを生かして前で拾うことができました。満塁の良い場面で打つことができて良かったです」と佐藤輝。凡退に終わった前打席に〝伏線〟があったとのことだ。

 衝撃的な「悪球打ち」を見せつけた虎のスーパールーキー。その怪物性をまざまざと、無観客の聖地で改めて証明した。

関連タグ: