ノーゲームの広島 先発の高橋昂を中3日で巨人戦へ 佐々岡監督が示唆

2021年05月01日 16時42分

広島・高橋昂

 3回表終了で雨天のため降雨ノーゲームとなった1日の阪神戦後、佐々岡監督は、先発していた5年目左腕・高橋昂を5日の巨人戦に再度、先発させる可能性を示唆した。

〝水入り〟となってしまった試合後、指揮官は「まぁ、うん。考えているところ」と明言は避けつつ「あり得る」と話し、この日、不成立となったものの好調の猛虎打線を相手に2回無安打2奪三振。見事な立ち上がりを見せた左腕を「20何球ぐらいしか投げてないし」と、中3日で次カードの対巨人戦の3戦目の抜擢するプランを示唆した。

 前回、24日の巨人戦では6回途中3失点で、待望の今季初勝利を手にした左腕も異論はなかろう。

 この日、高橋昂は「ボール的には一番いいボールを投げられていた」と状態がさらに上向いていることを実感したという。それだけに「自分自身は変えずに行くだけ」とキッパリ。短い登板間隔になることにも、OKサインを出す。

 当面は5割復帰、貯金生活に突入することが目標の赤ヘル。好調な左腕をフル回転させることで、1日も早く順位を上げたいところだ。

関連タグ: