観客の妨害行為でファウルがアウトに。楽天―ロッテで〝珍プレー〟

2021年05月01日 16時19分

捕球を妨害されたロッテ・角中はこの表情

 1日の楽天―ロッテ戦(楽天生命)で観客の妨害行為によってファウル判定がアウトに覆る〝珍プレー〟があった。

 4回裏、楽天・岡島の2号2ランが出て3―0とリードした後の、一死二塁の場面で起こった。ここで1番・小深田の打球が左翼ファウルゾーンへ。これをロッテの左翼手・角中が追いかけ捕球体勢に入ったところ、フェンス最前列に座っていたスタンドのファンが角中の視界をさえぎるように手を伸ばしてきた。

 結局、そのファンも角中もボールを捕球することはできず〝ダブル落球〟。ファウルとなった。

 これにロッテ・井口監督がリクエストを要求し、リプレー検証の結果、木内球審が「観衆の妨害がありましたため、妨害がなければ捕球していたと判断されるためアウトとします」と場内に説明。これにより小深田のファウル判定が左邪飛のアウトに覆った。

関連タグ: