竜キラーのはずが… 巨人・今村が5回途中4失点で降板 ビシエドにとどめの2ラン許す

2021年05月01日 15時57分

ビシエドに一発を浴び悔しさをにじませる巨人・今村

〝竜キラー〟がまさかの降板となった。巨人の今村信貴投手(27)が1日の中日戦(東京ドーム)に先発し、5回途中4失点で降板した。ここまでこのカード6連勝中と〝お得意様〟だっただけに、悔やまれるマウンドとなった。

 前回登板となった4月25日の広島戦に続き、5回をもたずしてマウンドを降りた。初回は2つの空振り三振を含む三者凡退で抑えたものの、以降は苦しい投球が目立った。

 4回には木下の適時打で先制を許すと、相手先発・小笠原にまで適時打を放たれてこの回、計2失点。5回にはビシエドから2試合連続弾となる2ランを被弾し、マウンド上で苦しい表情を浮かべた。

 続く高橋を右捕邪飛に打ち取ったところで、救援・田中豊にバトンタッチとなった左腕は「先に点を与えてしまい流れを持ってこれず、試合を作れなかったことが申し訳ないです。特に5回は粘らなければいけない場面でした」と猛省。残念な結果となった。

関連タグ: