巨人・ウィーラーが美技! ダイビングキャッチから〝3回転受け身〟

2021年05月01日 14時26分

巨体を揺らし好捕した巨人・ウィーラー

 巨人のゼラス・ウィーラー内野手(34)が1日の中日戦(東京ドーム)で初回から守備で猛ハッスルだ。

 相手先頭打者の大島が放った打球は左翼線付近へ落ちるかどうかの飛球。これに必死の形相で追いすがったのが「6番・左翼」でスタメン出場したウィーラーだった。猛然と落下地点へダッシュすると、最後は左手のグラブを差し出してどうにかキャッチ。ただ、捕球した後もそう簡単にスピードは落とせない。

 ウィーラーは100キロの巨体を3度転がしながら勢いを殺す〝受け身〟を取り、グラブに収めた球をこぼすこともなくアウトにした。打球が抜けていれば長打は免れないところだっただけに、ビッグプレーとなった。

関連タグ: