巨人・テームズ アキレス腱断裂から復活なるか「1日でも早くグランドに…」

2021年04月30日 18時43分

28日には松葉づえ姿で原監督(左)に挨拶した巨人・テームズ

 巨人の新助っ人、エリック・テームズ外野手(34)が手術を受けるため、30日に米国へ帰国した。

 テームズは27日のヤクルト戦(神宮)で待望の巨人デビューを飾るも、左翼守備で着地した際に負傷。そのまま担架で担ぎだされ、右アキレス腱の断裂と診断されていた。翌28日の試合前には松葉づえをつきながら神宮球場を訪れ、原監督ら首脳陣やチームメートにあいさつを交わしていた。

 テームズは球団を通じて「首脳陣、チームメート、スタッフとともにこれから頑張っていこうという矢先に、不幸な出来事によって帰国することになってしまい、申し訳ありません」とまずは謝罪したが、最後は前向きな言葉で締めくくった。

「必ず手術を成功させ、ただちにリハビリに取り組むつもりです。1日も早くグラウンドに戻り、ファンの皆さまに元気な姿をお見せしたいと思っています」。一般的にアキレス腱断裂から復帰できるまでには最低でも半年以上を要し、今季中のカムバックは絶望的な状況ではあるが…。奇跡の復活なるか。

関連タグ: