西武先発・伊藤が1アウトしか取れず降板 2安打3四球4失点で自滅

2021年04月29日 14時42分

マーティンに先制2ランを打たれた伊藤

 西武・伊藤翔投手(22)が29日のロッテ戦(メットライフ)に先発するも一死しか取れず、打者6人に対して2安打3四球4失点で降板した。球数は32だった。

 22日のオリックス戦(京セラ)に続いて2試合目の先発登板は散々な結果となった。

 先頭の荻野に対していきなり四球。続くパ・リーグ本塁打王のマーティンに甘く入ったストレートを10号先制2ランとされると、続く中村奨と一死から角中にも四球を与え一、二塁。ここで6番・井上に右前適時打を許したところで辻監督の我慢も限界に達し、2番手・松本をコール。

 伊藤の2度目の先発登板はわずか1/3、2安打3四球4失点の自滅降板だった。

関連タグ: