西武・栗山“値千金”1号勝ち越し弾! 平良が8回のピンチをしのいだ直後に

2021年04月28日 20時59分

西武・栗山

 西武の“絶対的セットアッパー”平良海馬投手(21)が8回一死三塁の絶体絶命ピンチを無失点で切り抜け13試合(12回1/3)連続無失点を継続した。

 平良の出番は2―2の同点で迎えた8回、先発・今井の後を受けた2番手としてだった。

 先頭の荻野に左翼線に落ちる二塁打を許し、マーティンの一ゴロで一死三塁のピンチを背負う。

 このどうしても三振が欲しい場面で平良は3番・中村奨を3球で1―2に追い込む。そして最後は内角いっぱいに156キロストレートをズバリ。中村奨のバットが狙い通り空を切り、続くパ・リーグ打点王・安田を内角カットボールで二ゴロに打ち取り三塁走者の生還を阻止した。

 その奮闘に応えるように、その裏、ミスター・ライオンズ、栗山巧外野手(37)が唐川から値千金の1号ソロ。平良の力投が呼び込んだ勝ち越し弾だった。

関連タグ: