オリックス中島流「休む時は休む」で“天敵”ソフトバンクに勝てるか

2021年04月28日 11時00分

自主性を重んじる中嶋監督

【デスクと記者のナイショ話】デスク オリックスは京セラドームでの無観客が6試合から5試合になったな。

 オリックス担当記者 楽天との3連戦のうち29日の3戦目が10月に延期になります。球団としては1試合でも有観客でやりたいというのがあるし「現時点で振り替え可能な日程があったので楽天さんに理解してもらった」ということです。これで9連戦も免れました。

 デスク とはいえ、翌30日からは首位ソフトバンク戦じゃないか。休んでいられないだろ。

 記者 それが29日は全休なんです。自主練の日ということでもなく…。中嶋監督は効率よく練習させるタイプなのでずっと続いていた野手が休みの日の投手練習もなくしていますし、チーム関係者は「全体練習をやってもあまり変わらない。やる時はやるし、休む時は休むというのが中嶋流。あくまで選手の自主性に任せるということで、やる必要があると思う選手は舞洲に行くかもしれないけどね」と話していますね。

 デスク 大丈夫か…。ソフトバンクに今季はまだ3勝3敗だけど、昨年が5勝17敗2分けとボロ負けだろう。

 記者 ここに勝たないと上位浮上はないというのは、みんな分かっています。だからこそ「相手がどこであっても休む時は休む。これまでの球界は強いチームは休む、弱いチームは休まないという考え方だったけど、それは悪循環。昔みたいに移動日に時間を決めて練習したり、練習漬けのヘロヘロな状態で試合やってもいい結果は出ない。6連戦になるし、リフレッシュして臨んだ方が絶対にいい。そんな監督の考えが若い選手に合っている」というわけです。

 デスク 中嶋流でソフトバンクを粉砕できるか注目だな。

関連タグ: