巨人の新助っ人・テームズにまさかのアクシデント 守備で負傷し担架で運び出される

2021年04月27日 19時07分

担架の上で頭を抱えるテームズ

 合流したての新助っ人にまさかのアクシデントだ。巨人のエリック・テームズ外野手(34)が27日のヤクルト戦(神宮)に「6番・左翼」で来日初出場を果たすも、3回の守備の際に右足を負傷し急きょ途中交代となった。

 場面は1点リードの3回一死二塁。オスナが同点の左前打を放った際に、バウンドした打球に合わせる形で軽くジャンプしたテームズは、右足をややひねるような形で着地。瞬間的に苦悶の表情を浮かべて倒れこむと、うずくまった立ち上がることができなかった。

 すぐさま担架でグラウンドの外へ。100キロ近い巨体を動かすべく、9人がかりで運び出されていったが、指揮官やナインはその様子をぼうぜんとした表情で見守るしかなかった。

 結果的に後逸の間に一死二、三塁となると、続く青木の中犠飛で勝ち越し点を献上。チームにとっては大きな大きな痛手となった。

関連タグ: