一時6点差を追いつかれるも広島連勝 佐々岡監督「勝ったことで疲れは飛ぶ」

2021年04月25日 20時08分

激戦を制し、試合後に栗林(右)を迎える佐々岡監督

 何とか勝ち切った。広島は25日の巨人戦(東京ドーム)に9―8の僅差で勝利。序盤から打線がつながり、一時は6点差をつけた。しかし、8―2の8回に新人の森浦と大道、そして塹江が打ち込まれて同点に追いつかれた。

 それでも9回に先頭で代打・中村奨が二塁打、続く三好が送りバントを決めて一死三塁のチャンスをつくると、菊池涼の中犠飛が勝ち越した。そしてその裏はルーキーの守護神・栗林が3者連続三振で危なげなく試合を締めた。

 大勝のはずが一転して薄氷勝利となり佐々岡監督は「こういう試合をしたくなかったよ」とポツリ。「9回によく(中村)奨成が打ってくれた。キク(菊池涼)もしっかりとね。勝ったことで疲れは飛ぶけど」とナインを称えた。

関連タグ: