広島・羽月が今季初タイムリー「必死に食らいついていきました」

2021年04月25日 16時47分

広島・羽月

 若鯉が存在感を放った。広島の羽月隆太郎内野手(21)が25日の巨人戦(東京ドーム)に「2番・三塁」で2試合連続での先発出場を果たした。

 初回無死二塁での送りバントは失敗。1―0の3回一死では相手失策で出塁した。2―0の5回先頭で中前打。続く鈴木誠の打席で盗塁も決めた。

 さらに3―2の6回だ。一死一、三塁のチャンスで打席が回ると、巨人2番手の平内から左前適時打した。これが今季の自身初打点。

 羽月は「必死に食らいついていきました。追加点になって良かったです」と話した。

関連タグ: