広島・西川 “新4番” の仕事! レフトへダメ押し4号2ラン「投手が頑張っていたので」 

2021年04月24日 19時40分

逆方向への一発を放った広島・西川(中)

 広島の西川龍馬外野手(26)が24日の巨人戦(東京ドーム)に「4番・左翼」で先発出場。西川は前日23日から主砲の鈴木誠に代わり4番を務めている。

 初回二死一塁の第1打席と、2点を追う3回二死の第2打席はともに右飛に倒れた。逆転して1点リードの5回無死は遊直、6回二死一、三塁は四球を選んだ。

 そして〝見せ場〟は8回二死一塁で迎えた打席だ。カウント2―2から巨人6番手・ビエイラの159キロ速球を左翼へはじき返す4号2ラン。リードを3点に広げる大きな一発となった。

 6日のヤクルト戦以来の本塁打に西川は「投手も頑張っていたので、追加点につながる本塁打になって良かったです」と語った。

【関連記事】

関連タグ: