巨人・岡本和が好返球で広島の追加点を阻止! リクエストでも覆らず 

2021年04月24日 16時51分

巨人・岡本和真

 巨人・岡本和真内野手(24)が24日の広島戦(東京ドーム)で好返球でチームのピンチを救った。

 場面は3―4で1点ビハインドの7回だ。僅差を争う緊迫した一死三塁で広島の代打・長野の打球は三遊間へのゴロとなった。そこで三塁手の岡本和は打球を素早くキャッチすると、すぐさま本塁へノーバウンド送球。捕手の炭谷も三塁走者の会沢にタッチし、一度はアウトの判定が下され、場内は大きな拍手に包まれた。

 ただ、タイミングそのものは間一髪。広島の佐々岡監督はリクエストを要求したが、リプレー検証の結果はやはりアウト。再びG党からは拍手が湧き起こった。場面が変わった二死一塁からは5番手で登板した田中豊が代打・クロンを二飛で打ち取り、窮地を脱出。守備からつくったリズムを攻撃につなげたいところだが――。

関連タグ: