巨人 25日の広島戦は有観客開催も売店営業取りやめ 酒類&弁当も販売停止

2021年04月24日 11時34分

巨人・原辰徳監督

 巨人は24日、4都府県に25日から発令される緊急事態宣言への対応を発表した。

 25日は主催試合となる東京ドームでの広島戦を控えており、政府からはスポーツイベントに関して原則的に無観客で実施するように要請されている。一方で即時の変更は混乱を生じさせる可能性もあり、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室は「25日から直ちに無観客化・延期等を実施しないこととして差し支えないこともある」としている。

 これを受け、巨人では広島戦は無観客化せず、万全な感染対策を講じた上で開催することを決定した。

 ただ、新規感染者が増加傾向にある社会情勢も踏まえ、球団は「今回の緊急事態宣言の趣旨にのっとり、25日の広島戦ではソフトドリンクを除き場内でのビールなどのアルコール飲料の販売や、軽食や弁当などの売店の営業は全面的に取りやめることとします」とし、食べ物の持ち込みも禁止する。

 緊急事態宣言は5月11日までの予定。期間中の東京ドームでの公式戦は4月30日から、5月2日までの中日戦と5月7日から9日までのヤクルト戦についての対応は決まりしだい発表される。

関連タグ: