広島 引き分けを挟み3連敗 佐々岡監督「なかなか点が取れない」

2021年04月23日 22時25分

広島・佐々岡監督(中)

 苦しい戦いが続いている。広島は23日の巨人戦(東京ドーム)に1―2の僅差で敗れた。先発の九里は2失点完投も、援護に恵まれなかった。打線は3番に鈴木誠、4番に西川を据えるなど大幅に組み替えたが結果にはつながらなかった。

 20日のヤクルト戦から引き分けを挟んで今季2度目の3連敗。借金は2に積み上がった。佐々岡監督は九里に「本塁打1、2失点は責められない。ナイスピッチングだった」とたたえた一方で、打線には「結局、結果がね…」と厳しい表情。

 この日を含む5試合で勝敗にかかわらず3点差以内の僅差の戦いをしている。指揮官は「こういうなかなか点が取れない状況の中でも投手陣が頑張って、踏ん張っているところ。あとは野手の奮起というところ」と切実な期待を寄せた。

関連タグ: