プロ初失策が〝大エラー〟 阪神・佐藤輝 右前打に猛チャージもまさかの後逸

2021年04月23日 20時14分

猛チャージするも後逸し右翼フェンスまで打球を追いかける阪神・佐藤輝

 悪夢の瞬間だった――。阪神のドラフト1位新人・佐藤輝明内野手(22)が23日のDeNA戦であまりにも手痛いプロ初失策を犯してしまった。

 この日は「6番・右翼」でスタメン出場した佐藤輝だったが、1―3と2点ビハインドの5回、一死満塁でDeNA・神里が2番手・馬場から放ったのは右前への当たり。これを猛チャージで打球処理にあたった佐藤輝だったが、まさかの後逸。ボールが転々と無人の右翼フェンスに到達する間に、打者走者の神里まで生還する悪夢の適時失策となった。

 右前適時打ならば1失点で済んだところを、3点を余分に与えてしまう〝まさか〟のプレーに、本拠地・甲子園が悲鳴に包まれた。佐藤輝にとっても、痛恨のプロ初失策となった。

関連タグ: