中日初の連勝も貧打解消せず… OBが“聖域メンバーにメス”のススメ

2021年04月23日 05時15分

与田監督(右)の決断は?

 今季初の連勝を飾った中日だが、喜んでばかりもいられないようだ。

 22日のDeNA戦(横浜)に1―0と競り勝ち、3連戦では今季初めてカード勝ち越しを決めた。しかし、OBや関係者の間からは「10連敗して最下位にあえいでいるDeNA相手に辛勝しているようでは話にならない。依然、貧打は解消されていないし、今日も相手のミスで勝ち星をもらえただけ」と厳しい声が出ている。

 先発の福谷が8回4安打無失点の好投で今季初勝利こそ挙げたが、8回まで打線は散発3安打で無得点。初回は無死一、二塁から二死満塁とし、4回も無死一、二塁の好機で相手の悪送球が荒木コーチにぶつかったことで得点を逃す場面もあるなど、あと一本が出なかった。

 結局、0―0の9回二死一塁で木下拓が遊撃内野安打を放った際、遊撃手の柴田が一塁へ悪送球したことで、その間に一走の高松が快足を飛ばして生還した1得点しか挙げられなかった。

 8回までつながらなかった打線について与田監督は「ちょっとアンラッキーなプレーがあったり、初回の満塁でなかなか点が取れなかったりした。でも(今カード)初戦で(大野)雄大に勝ちがつけられず、今日の福谷もというわけにはいかない中で、ベンチの中でも、みんな野手も何とかしようという空気はすごく出ていたし、今季初勝利を福谷ができて良かった」と安堵の表情を浮かべる。

 しかし、あるOBは“聖域メンバー”にメスを入れることを提言する。「前日はスタメンマスクに石橋を起用していい仕事をしたのに1日で代えてしまった。それに若い選手を一人だけ抜てきするのではなくて調子の上がらない1割台のレギュラークラスではなく、思い切って二軍を含めた好調な若い選手をどんどん起用するべき。一、二軍の入れ替えがほとんどないし、もっと活発に行わないと競争意識が出ない」という。

 貧打解消のために首脳陣には思い切った決断が求められている。
     

関連タグ: