ソフトバンク・石川が千賀の〝気配りのLINE〟に感謝「心配して連絡してくれた」

2021年04月22日 22時58分

ソフトバンク・千賀(左)と石川

 ソフトバンクの石川柊太投手が22日、盟友・千賀から〝気配りのLINE〟が送られてきたことを明かし感謝した。

 今季、初めて開幕投手を務めた石川。常にエース級との投げ合いとなる中で、ここまで打線の援護に恵まれず1勝2敗と負け越している。

 そんな中でリハビリ中の千賀からLINEで連絡が来たという。

「しょっちゅう連絡は取っているけど、心配して連絡してくれた。思うことあったら聞くよ、と。心配して声をかけてくれたのはありがたい」。

 千賀が果たしてきた大きな役割を実感しているとのことで「ローテ頭でやらないといけない攻め方もある。そういうのをしてくれたので、千賀の後で自分が勝ったということもあると思う。改めて感じている」と思いを口にした。

関連タグ: