西武・源田 一打逆転の大ピンチを〝忍者捕球〟でしのぐ

2021年04月22日 20時00分

西武・源田

 西武が一打逆転の大ピンチを名手・源田壮亮内野手(28)の好守備で無失点にしのいだ。

 場面は3ー1のリードで迎えた4回裏の守備。先発・伊藤翔がTー岡田の二塁打と死球で二死一、二塁とし降板し、その後を2番手・佐野が継投した。 

 しかし、佐野はいきなり最初の打者・宗にストレートの四球を与え二死満塁で打席に吉田正を迎える大ピンチに立つ。

 ボール先行からフルカウントまで立て直すと6球目のストレートを打った吉田正の打球がピッチャー返しとなり無常にも佐野の足元を抜けていった。

 同点もやむなし、と思われたその時、二塁ベース後方にスルスルと名手・源田が現れこの打球を捕球。そのまま流れるような一塁送球が間に合いこの絶体絶命のピンチを無失点で切り抜けた。

関連タグ: