広島・小園 “昇格即”の同点タイムリー「積極的に打ちにいった結果」

2021年04月22日 19時16分

昇格即スタメンの広島・小園

 もらったチャンスを即座に生かした。広島の小園海斗内野手(20)が22日のヤクルト戦(マツダ)に「8番・遊撃」で今季初出場。一軍練習に参加した20日の登録は見送られていたが、この日に今年初めて一軍登録され、いきなりの活躍を見せた。

 0―1の2回二死一、二塁で第1打席を迎え、ヤクルト先発・金久保の3球目、145キロ直球を右前適時打。小園は「チャンスだったので、初球から積極的に打ちにいった結果、打てて良かったです」と笑みを浮かべた。

関連タグ: