巨人・岡本和が先制打&好走塁と2夜連続の活躍「注目されている」

2021年04月22日 18時45分

1回、先制タイムーを放つ岡本和

 巨人の4番・岡本和真内野手(24)が、いよいよ止まらなくなってきた。

 22日の阪神戦(東京ドーム)で初回、先発・高橋が二死満塁を無失点で切り抜けた。ピンチの後にチャンスあり。巨人は松原と梶谷の安打で一死一、三塁の好機をつくり主砲が登場。虎先発・秋山の低め130キロのカットボールを左中間へ弾き返した。岡本和の2点適時二塁打で巨人が3戦目で初めて先制した。
 
 さらに岡本和は足でも魅せた。香月の中飛で巨体を揺らし三塁へタッチアップ。送球がそれ楽々、セーフになると重信の左前適時打で生還した。

 前夜には2打席連続弾で復活をアピールした岡本和が好調をキープ。「伝統の一戦」について「すごい打線もいいですし、投手陣もいいです。阪神と巨人は注目されているので、しっかり勝っていけるように頑張りたい」と話していた背番号25が大きな仕事をやってのけた。

関連タグ: