巨人・原監督 緊急登板でプロデビューのドラ1・平内は「収穫」 今後は先発起用も

2021年04月20日 22時48分

デビュー登板で粘りの投球を見せた巨人・平内(中)

 巨人のドラ1右腕・平内龍太投手(22)のデビュー登板に、指揮官も合格点だ。平内は20日の阪神戦(東京ドーム)で、5点ビハインドの3回途中から2番手でプロ初登板。3回0/3を1安打1失点に抑えた。
 
 ルーキーの粘投でG打線が活性化。一時は1点差まで迫る展開となったことで、原監督は「(平内は)1本打たれたけど、ちょっとゲームを立て直したしね。そういう意味では収穫があったと思う」とうなずいた。
 
 背番号11は「しっかり腕を振って投げようと思った。(ファンから)すごい拍手をいただいたのでうれしかった」と初登板を振り返った。宮本投手チーフコーチも「5月に入ると、9連戦もありますからね。今日の状況だと先発をやらせてもいいな」と先発起用の可能性を示唆した。

関連タグ: