巨人・スモークが2試合連続適時打&マルチ安打 順応の裏にアノ男

2021年04月17日 18時18分

巨人・スモーク

 一軍昇格が待ち遠しい。巨人のジャスティン・スモーク内野手(34)が17日、イースタン・リーグの楽天戦(ジャイアンツ球場)に「4番・DH」で先発出場し、2試合連続となる適時打&マルチ安打を記録した。

 先発・高田孝を相手に、4回一死一塁で迎えた2打席目に中前打を放つと、6回には一死二、三塁のチャンスに右前へ2点適時打。前日の試合では右打席に立っていたが、この日は高田孝が右腕のため、左打席に入っていた。

 順調な調整ぶりにスモークも「いいところに落ちてくれたね。タイムリーになって良かったです」と充実の表情を見せた。

 この日はあいにくの空模様となったため、試合前の練習を初めて室内練習場で実施。先輩助っ人のウィーラーから、練習の流れなどを事細かにアドバイスされていたこともあり、スムーズに練習を行っていた。リラックスしてメニューをこなせたことも、状態の良さを後押ししているようだ。

関連タグ: