ファウルと勘違い? 巨人・戸郷が打席で〝フリーズ〟 バント後に走らず併殺に

2021年04月17日 15時06分

自身の打球をファウルと勘違いした巨人・戸郷は〝棒立ち〟に

 17日のDeNA戦(横浜)に先発した巨人・戸郷翔征投手(21)がまさかの〝フリーズ〟だ。

 1―1の2回一死一、二塁の場面で第1打席を迎えた戸郷。バントの構えから3球目の内角直球をバットに当て、打球は高くバウンドした。ここで戸郷はファウルと判断したのか、一塁に走ることなく、打席で〝棒立ち状態〟に…。しかし、球審の判定はフェアで、打球を処理した捕手から三塁、一塁と転送され、併殺となってしまった。

 今季でプロ3年目の右腕はこの日の登板前まで47打席で無安打。原監督は以前に戸郷のさらなる課題として「もうちょっとバッティングが良くなることでしょうね。バントはね」と指摘していたが…。送りバントを成功させることは自身の投球を助けることにもなるだけに、腕を磨きたいところだ。

関連タグ: