広島市安佐南区出身の相原勇「義妹の安否を確認出来た」

2014年08月20日 17時39分

 ハワイ在住のタレント・相原勇(47)が現地時間19日付の自身のブログで、甚大な被害を及ぼしている広島土砂災害について言及した。

 広島市北部の安佐南区、安佐北区に20日未明、局地的な豪雨が降り、南北約15キロにわたり10か所以上の土砂崩れが発生。同日午後5時現在、32人が死亡し、生き埋めになるなどした9人が行方不明となっている。

 相原の出身が安佐南区とあって、彼女の元には関係者やファンから家族の安否を心配する声が多く寄せられた。

 早朝のNHKニュースを見て、相原は「凍りついた、、、」そうだ。

「義妹&姪っ子が住んでいるのは、正しく“安佐南区山本”」で、日本は明け方だから義妹とはすぐには連絡が取れなかった。その後「義妹とは連絡が取れ、安否を確認出来た」そうで、「思いがけず、多くの方から心配してくださっていて感謝。ありがとうございます」とつづった。

 2011年9月に前夫と離婚した相原は13年3月にハワイに住む一般男性と再婚。現在はハワイに居を構えるが、ハワイも異常気象が続いているという。

 ブログは「お天道様にはかなわない地球。いろんなこと、考えさせられてます、、、ひと、それぞれの人生はある。今日も、無事生きていられてること 感謝しかない、、、何処に住んでいようが、お互い、生き抜きましょう」の言葉で締めくくられていた。