原監督が8回途中〝ノーヒットワンラン〟のサンチェスを代えたワケ

2021年04月13日 21時14分

今季初勝利のサンチェスと移籍1号の広岡大志

 原采配がズバリ的中した。原辰徳監督(62)が、2―1で勝利した13日の中日戦(東京ドーム)後、無安打投球を続けていた先発・サンチェスを8回途中に交代させた理由を明かした。

 サンチェスは1点リードで迎えた2回一死一、三塁の場面から、平田の併殺崩れの間に1点を失うも、安打は許さず。8回の先頭打者・木下を左飛に打ち取るまで無安打投球を続けていたが、指揮官は中川への投手交代を告げた。

 マウンドを託された中川は、代打・井領にポテンヒットこそ許したものの、後続を2者連続三振に切り捨て無失点に。1点リードで迎えた9回のマウンドに上がったデラロサも三者凡退に終わらせて、危なげなく勝利をつかみ取った。

 指揮官は好投した助っ人右腕に対して「非常にボールも走っていましたし、やや無駄な四球はあったかなというところはありましたけど、いいピッチングだったと思います」と高く評価。

 無安打投球を続けていたことに関しては「たしかにノーヒットということは頭の中にありましたけども」としながらも「やはりあの場面、7回1/3を投げてくれて、そしてバトンを渡せたというのはね、(中川)皓太のほうが、そういう点ではそれに勝るピッチングをしてくれると、代えました」と、勝利を確実にするための執念の采配だったことを明かした。

 与えられた役割を果たし、継投策へとつないだサンチェスの働きは大きい。「(8回に)アウトカウントを1つ取ってくれて次の投手にバトンを渡すというのは非常に理想的ですね。やっぱり打たれて、あるいは出して代えるというのは非常に負担が掛かりますね」。

 当のサンチェス本人も「チームの一員としてプレーしてるだけ。そこに対して何もこだわりはなかったです」と話すなど、この日の勝利はまさに〝ワンチーム〟となってつかみ取った勝利となったようだ。

関連タグ: