広島・鈴木誠 1号ソロ&2号2ランは“空砲”も「継続してやっていければ」

2021年04月09日 00時45分

今季1号を放った広島・鈴木誠

 コイの主砲の状態が上がりつつある。広島の鈴木誠也外野手(26)が8日のヤクルト戦(神宮)に「4番・右翼」で先発出場し、2本塁打を含む5打数4安打3打点の大活躍を見せた。

 初回二死一塁での第1打席は左翼線へ二塁打。4―4の3回先頭では一時勝ち越しとなる1号ソロを放った。開幕12試合目での本塁打だが主砲は「そこは全然気にせずにやっていました」とどこ吹く風だった。

 5―7の5回は三振に倒れたが、5―10の7回無死一塁では左前打。そして9回一死一塁ではバックスクリーンへ2号2ランを放った。鈴木誠は「なるべく(いい感覚を)切らさないように継続してやっていければいいなと思います」と話した。

関連タグ: