〝6男坊〟がやってくれた! 巨人・高橋が8回途中無失点の好投で今季2勝目

2021年04月08日 22時04分

今季2勝目に笑顔を見せた巨人・高橋

 連敗を止める救世主となった。巨人の高橋優貴投手(24)が8日の阪神戦(甲子園)に先発し、7回0/3を投げて無失点と好投。チームトップとなる2勝目を挙げた。

 圧巻の投球だった。初回から小気味いい投球を続け、5回まで2四球のみの無安打、無得点に抑え勝利投手の権利を獲得した。

 ノーノー達成に向けて後半戦へ入ったが、6回一死から近本に右前打を許し〝未遂〟に終わったものの、快投は続く。7回までに許した安打は近本の1本のみ。8回に先頭の梅野に右前打、続く山本に四球を与えたところで中川にマウンドを譲り、勝利の方程式へと入った。

 打ってはこの日、今季初となる2番に入った坂本が先制の1号ソロ弾を放つなど、計3得点。若き左腕と自慢の救援陣が貴重な援護点を最後まで守り抜き、チームを勝利へと導いた。

 大仕事を果たした高橋は、試合後「3連敗するわけにはいかないんで、そういった気持ちは常に持って投球してました」と胸を張った。2回には、オープン戦で一発を許したドラフト1位ルーキー・佐藤輝から三振を奪ったシーンについては「前回は打たれてるんで、きょうは一本も打たせないつもりでマウンドに上がってたんで、その辺は良かったかなと思います」と手応えも口にした。

 チームの悪い流れを断ち切った若き左腕の活躍に、首脳陣も満足げだ。原監督は「少々荒れ球というのは彼の特長でもあります。そのなかで要所要所いいピッチングをしてくれましたね」と評価。開幕前には「今季は(高橋を)男にしたい!」と強い思いを口にしていた宮本コーチも「〝6男坊〟がやってくれました」と喜びをあらわにした。

 今季いまだ無失点の「6番手投手」が、今後も強気の投球スタイルでチームをけん引していく。

関連タグ: