広島・鈴木誠 勝ち越しの1号ソロ「先に追加点を取ることができて良かった」

2021年04月08日 19時36分

3回に勝ち越しの1号アーチを放った広島・鈴木誠

 コイの主砲が存在感を示した。広島の鈴木誠也外野手(26)が8日のヤクルト戦(神宮)に「4番・右翼」で先発出場。初回二死一塁での第1打席でヤクルト先発・奥川から左翼線二塁打。その後のチームの得点につなげた。

 その後、2回の広島攻撃時に降雨のため54分間の中断。それでも4―4で迎えた3回、先頭で第2打席が回ると奥川の2球目、138キロ直球を完璧にとらえて広島ファンの待つ左翼スタンドへ勝ち越しの1号ソロを放り込んだ。

 開幕12試合目で今季初本塁打の鈴木誠は「しっかりととらえることができました。先に追加点を取ることができて良かったです」と笑顔。ヤクルト先発の奥川とは昨年11月10日に対戦し2打数2安打。この日も第2打席までに2打数2安打1打点と攻略している。

関連タグ: