SBに読まれてた?顔でバレる大谷の球種

2014年08月12日 11時00分

プロは厳しい・・・でも大谷クン、このクセを逆利用してみては?

 日本ハム・大谷翔平投手(20)が10日のソフトバンク戦(ヤフオク)に先発し、6回9安打5失点で、3敗目(9勝)を喫した。チームは4―6で敗れた。大谷は同カード、7回9安打2失点で2敗目を喫した3日に続く連敗となり、後半戦は3戦未勝利と、他球団の“大谷包囲網”が着々と進んでいる様子。実際、この日の大谷のピッチングには、ある傾向が浮上していた。

 

 

 チームの7連敗となった今季3敗目に、大谷は「全てが良くなかった。真っすぐも変化球も制球できず、打者有利なカウントを与えてしまった。四球も多かったですし、最後までリズムを作ることができませんでした」とガックリ。連敗ストッパー役に期待を寄せていた栗山監督は「久しぶりにバランスを崩していた。いろいろな理由があるんだけど、それはこれからの糧にしてくれればいい」とまだ成長過程にある20歳右腕を責めることはしなかった。


 これで大谷は2試合続いた対ソフトバンク戦で、13回で18安打を浴びたことになる。前回許した9安打のうち7本はストレートを狙い打ちされたもの。しかし、一転して今回の9安打はその6本が変化球打ちと鷹打線の狙いには前回の対戦を踏まえた上での意図が感じられた。


 厚沢投手コーチは「いろいろな重圧がかかっていたと思う。向こうの対策が上を行っていた感じ。ゾーンを(高めに)上げて徹底していた。一発で仕留められる今のソフトバンク打線を認めざるを得ない。次はそれを上回る対策をしないと」と大谷対策に自信を深める鷹打線に最大級の警戒を示した。