貧打の巨人に久しぶりの先制点! 今季1号特大弾の坂本「また頑張ります」

2021年04月08日 19時01分

先制の1号ソロを放った巨人・坂本

 待望の先制点だ。巨人・坂本勇人内野手(32)が8日の阪神戦(甲子園)の初回に今季1号ソロを放った。

 主将のひと振りで貧打にあえぐ攻撃陣に〝カツ〟を入れた。一死走者なしで迎えた第1打席で、相手先発・秋山の内角低めへの直球を振り抜き、バックスクリーン左まで運んだ。坂本にとっては12試合目で飛び出した待望の一発。今季初の連敗を喫した前夜の試合後、原監督は「なかなか主導権を握れないからね。展開としては良くないね」と嘆き節だったが、さっそくの先制弾でスコアボードに「1」を刻んだ。

 巨人打線が最後に先制点を挙げたのは、3月31日の中日戦(バンテリン)で7試合ぶり。今季初の2番で出場している坂本は「まず先制点が取れたのは良かったですね! また頑張ります」と声をはずませた。主将に続いて他のナインも奮起できるか――。

【関連記事】

関連タグ: